徳島県阿波市で防災食品や防災グッズの事ならSECにお任せ

水を備える大切さについて

  • HOME »
  • 水を備える大切さについて

地震や噴火、台風、土砂崩れなど、深刻な災害が続く昨今、防災グッズを準備しておくことは必要不可欠です。今では、一人用の防災セットなども手軽に揃えることができます。災害が起きた際、電気やガス、道が使えなくなると、不自由な生活に追い込まれてしまいます。特に「水」は毎日必要で、大量に消費するものです。いざという時に困らないためにも、きちんと準備しておきましょう。

災害時の水の重要性

災害時の水の重要性

人は、水がなければ生きていけません。様々な防災グッズがある中で、「水」が最も役に立ったという声は多く耳にします。人が生きていくために必要な水の量は、成人1人あたり1日約3リットルだといわれ、最低3日分は備蓄しておくことが推奨されています。

また、災害時は、飲用の水だけでなく、生活用水の確保も必要です。衛生を保つための水(お風呂・洗濯・トイレなど)として、1人1日約15リットルが必要だといわれています。

災害が起こった時、救援体制が整うまでは自分たちで身を守らなければいけません。予期せぬ事態に備え、飲料水や生活用水はしっかり確保しておきましょう。

水を確保する際のポイント

水を確保する際のポイント

災害時には、ウォーターサーバーやペットボトルの水が活躍します。ウォーターサーバーはたくさんの水が確保できて災害時には安心ですが、その分移動が難しく、持ち運びはできません。

そのため、災害時の水を確保するなら、いつでもどこでも飲めて持ち運びしやすいペットボトルの水がおすすめです。

また、お風呂の残り湯は捨てずに翌日まで残しておきましょう。トイレの洗浄水として使えます。しかし、地震の場合、揺れで水がこぼれ、浴槽の周りが水浸しになってしまうこともあるため、なみなみ残しておかない、もしくはフタをしておくことをおすすめします。

水道水をペットボトルやポリタンクに入れて保存する場合は、できるだけ空気に触れないよう満水にして、日の当たらない涼しいところに保管してください。中身は定期的に入れ替えをし、古い水は洗濯などの際に使用しましょう。

弊社では、保存食品や安全用品をはじめ、衛生用品まで、様々な防災関連商品を販売しております。また、食料や水、簡易トイレ、軍手、LEDライトなど、様々なアイテムが揃った、一人用防災セットや女性用防災セットもございます。一人用防災セットは、万が一の時のためにもしっかり備えておくことが大切です。防災グッズの購入をお考えの方は、ぜひ弊社をご利用ください。

水や食料、簡易トイレなど一人用防災グッズのセットなら『SEC』へ。女性用防災セットもございます。

防災用品セットや保存食品の通販【株式会社SEC】 概要

会社名 株式会社SEC
所在地 〒771-1701 徳島県阿波市阿波町谷島北237-1
電話番号 0883-36-1817
メールアドレス info@sec-bousai.com
URL http://www.sec-bousai.com/
業務内容
  • 防災用品販売
  • 保存食販売
説明 防災用品や保存食・非常食の事ならSECにお任せください。水やおにぎり、パンなどの調理不要で長期保存可能な食料や、簡易トイレなどの衛生用品、その他、災害時に役立つ防災グッズを豊富に取り揃えております。保存食品と防災グッズをセットにした防災用品セット(一人用・女性用)も販売しております。

top_title
PAGETOP