徳島県阿波市で防災食品や防災グッズの事ならSECにお任せ

なぜ日本は地震が多いのか?

  • HOME »
  • なぜ日本は地震が多いのか?

日本は世界から見ても地震が多い国として知られています。数年に一度は大きな地震が発生しており、小さな地震は、ほぼ毎日どこかで発生しているとも言われています。また、日本中のどこの地域にもこれから大きな地震が起こる可能性があるとされているため、突然の災害に備えてしっかりと防災用品備蓄しておくことが大切です。しかし、なぜ日本ではこんなにも地震が多いのでしょうか?その理由には、日本周辺のプレートが大きく関係しています。

地震の原因となるプレートとは?

地震の原因となるプレートとは?

厚さが数十~数百kmにもなる岩石層をプレートと呼んでいます。地球の表面は、このプレートが10数枚重なって形成されており、陸上の大陸プレートと海底にある海洋プレートの2種類があります。

この2つのプレートは大陸や海をのせてゆっくりと動いているため、大陸の配置は少しずつ変化しています。ハワイが日本に近づいてきているという話を聞いたことがある方もいると思います。これもプレートが動いているため起こっている現象です。

地震が発生する仕組み

重なり合っているプレート同士の境目では、動く力により押し合いが発生しています。この押し合いの力によって、プレートの内部にひずみが溜まっていき、限界を迎えた時にプレートが傷ついたり、元に戻ろうと反発したりすることで、非常に強い力が発生します。これが地震の正体です。

地震は活断層と呼ばれる今後も活動する可能性があるとされている断層が傷つくことで発生する「活断層型地震」と陸のプレートを海のプレートが限界まで引きずり込み、限界を迎えた時に元に戻ろうと跳ね上がることで発生する「プレート境界型地震」の2つに大別されています。「プレート境界型地震」の方が「活断層型地震」よりも揺れが強く、またプレートが跳ね返ることで海水が持ち上げられ津波を起こすこともあります。

日本は4つのプレートの上に乗っている国

日本は4つのプレートの上に乗っている国

日本は北米プレート、ユーラシアプレート、太平洋プレート、フィリピン海プレートの4枚がぶつかりあう形で存在しています。日本で発生する地震の多くは、この4枚のプレートが集中していることが原因だとされています。

そのため、どの地方でも今後大きな地震が起こる可能性があるのです。いつどんな時に地震が発生しても素早く避難し、生存率を高めるために、防災用品や非常食を備蓄しておくようにしましょう。

弊社では、備蓄に最適な防災用品を通販にて取り扱っております。非常食品保存食品に適した賞味期限の長いおにぎりやパン、一人用女性用の防災セットもございます。地震の多い日本で、少しでも安心して暮らすために、ぜひ弊社の防災用品をご活用ください。

防災用品や非常食品・保存食品の備蓄なら『SEC』へ。防災用品セット(一人用・女性用)も取り揃え。

防災用品や保存食品の備蓄なら【株式会社SEC】 概要

会社名 株式会社SEC
所在地 〒771-1701 徳島県阿波市阿波町谷島北237-1
電話番号 0883-36-1817
メールアドレス info@sec-bousai.com
URL http://www.sec-bousai.com/
業務内容
  • 防災用品販売
  • 保存食販売
説明 防災用品や保存食・非常食の事ならSECにお任せください。水やおにぎり、パンなどの調理不要で長期保存可能な食料や、簡易トイレなどの衛生用品、その他、災害時に役立つ防災グッズを豊富に取り揃えております。保存食品と防災グッズをセットにした防災用品セット(一人用・女性用)も販売しております。

top_title
PAGETOP